養成講座で日本語教師になろう

国際社会である現代、世界中の人々が自国以外で生活し、活躍しています。

その際に必要となってくるのが外国語の学習です。

日本語教師の養成講座について詳しく知りたいならこのサイトです。

言葉は大事なコミュニケーションのツールです。

私たちの学校教育でも、国際語である英語の勉強は必須でした。


近年は、世界各国から日本へも労働者がやってきます。


彼らにとって日本語を学ぶことはとても大切になってきます。そんな人々をサポートするのが日本語教師の仕事です。



日本語教師の活躍する場は、日本語学校や、企業に派遣されて授業をする形態など様々です。
最近ではインターネットで世界中のどこからでも手軽に外国語を勉強できるようになったため、その分活躍の場も広がっていると考えられます。



日本語教師としてやっていくのに大切になってくるのは何と言っても経験です。また国際的感覚を身につけることも、外国人を相手とする仕事には不可欠でしょう。また就職の際には、次に述べる条件の最低でもひとつに当てはまることが必要となってきます。


それは、日本語教育能力検定試験に合格すること、大学もしくは大学院で日本語教育を専攻すること、そして、日本語教師の養成講座を修了することです。この養成講座では、日本語教師として仕事をするのに必要となる、教えるスキルや日本語の構造を基礎から学んでいきます。

一般的に、養成講座のなかでも文化庁の基準を満たした、420時間カリキュラムを修了する必要があります。

これには通学する方法と通信教育で学習する方法があります。